一生自分の歯で食べよう

成人の約8割が歯周病と言われています。
あなたの口内環境は健康ですか?
それとも、何かトラブルを抱えてはいませんか?
歯周病や、口内を健康に保つ方法について、学びましょう。

日本大学歯学部歯周病学講座 准教授 菅野直之先生 からのメッセージ

正しいブラッシングと新成分「オーバルゲン」で大切な歯を守りましょう。

現代人が歯を失う最大の原因は歯周病で、30代以降の8割が何らかの症状を抱えています。
また、歯周病は口の中だけでなく、糖尿病など全身に与える影響も少なくないことが報告されています。

歯周病はプラークの中の歯周病菌による感染症で、
歯ブラシによるプラークコントロールが歯周病予防にはもっとも大切です。
オーバルゲンは歯周病菌やむし歯菌の働きを弱め、さらに、継続して摂取した場合に、これらの菌が減少することがボランティア試験で確認されています。

歯科医院で定期的に検診・ブラッシング指導を受けることに加えて、
オーバルゲンなどの機能性成分を継続して摂ることにより、
歯周病のリスクはさらに減るものと考えられます。

歯のことで困っていませんか?

  • 一生自分の歯で食べよう
  • なんと!「5人に4人」が歯周病
  • 歯周病セルフチェック