歯周病の症状レベル

歯周病になると、口の中はどうなってしまうのでしょうか?
気になる症状のレベルについて、解説します。

軽度

歯肉炎

  • 歯の周りの歯ぐきにだけ、炎症が起こっている状態です。
  • 歯を磨いたときに血が出たり、歯がしみたりします。
  • プラーク(歯垢)や歯石が付きやすくなります。

※軽度のうちであれば簡単に治すことができます。

腫れる
中等度

中等度歯周炎

  • 炎症が歯を支えている骨にまで影響している状態です。
  • 食べものが歯にはさまりやすくなります。
  • 歯が前後に揺れます。
  • 多量のプラーク(歯垢)や歯石が付きます。
揺れる
重度

重度歯周炎

  • 歯を支えている骨が溶けだす状態になります。
  • 痛くて食べものを噛む事ができなくなります。
  • 歯がぐらぐらします。
    (→症状が進行すると、歯が抜け落ちてしまいます。)
抜け落ちる

歯周病のメカニズム

  • 歯周病が起こる過程
  • 歯周病の症状レベル