歯周病が起こる過程

むし歯や歯周病など、歯や口内に関するトラブルでお悩みの方も多いはず。
成人の約8割がかかっているといわれている、歯周病について、そのメカニズムを解説します。

1

むし歯菌が歯にくっつき、プラークを作り出す。

口の中にいる細菌の中でも、ミュータンス菌がむし歯菌と呼ばれます。
ミュータンス菌は食べ物の中の糖質からグルカンを作って歯に付着してプラークを作り出します。プラークの中ではいろいろな菌が増え続けます。

2

歯周病菌が増え、歯肉炎を引き起こす。

増えたプラークを放置しておくと、プラーク内に歯周病菌が増えます。歯周病菌は、歯と歯ぐきの間の溝に入り込み、歯肉を溶かします。
歯周病菌から歯ぐきを守ろうとして、炎症が起こると、歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れにつながります。(=歯肉炎)

3

歯周ポケットができる。

歯肉炎を放置しておくと、炎症が悪化し、歯に密着していた歯肉が次第に剥がれてしまいます。そして、まるでポケットのようなすき間が、歯と歯ぐきの間にできてしまいます。

4

歯周病が進行する。

歯周ポケットが出来ると、その中にさらにプラークや歯周病菌が増え、歯肉だけではなく、歯を支えている骨にまで影響を及ぼしてしまいます。
これを放置しておくと、ついには歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病のメカニズム

  • 歯周病が起こる過程
  • 歯周病の症状レベル