専門医による「歯周病相談室」

Q.高齢者が気をつけなくてはならないことは?A.高齢者の命を守る歯ブラシ

今年もインフルエンザが流行しました。学校や職場でも風邪などの病気は大きな問題ですが、高齢者施設や病院では、より深刻な問題を引き起こします。 肺炎で亡くなる方の9割は高齢者ですし、体の抵抗力の落ちた入院患者では、年間2万人の方が院内感染で命を落としています。 ひとたび感染してしまうと耐性菌が多い昨今、治療は難しくなるので、いかに予防するかに力が注がれています。その中で最近注目されている方法が歯ブラシです。 口の中には100億を越える細菌が住んでいます。当然、飲み込んだ唾液にも多くの細菌がいて、その一部は肺に紛れ込んで肺炎を起す事があります。口の中が不潔になると、肺炎をおこす機会も当然増えてくるので、歯ブラシでこれを防ごうというのです。


実際に口の中のケアをした施設や病院では肺炎の発生率が半分になったとの報告もあり、口の中のケアによる感染予防は、介護や医療の現場では半ば常識になりつつあります。また、口の中の細菌は酵素を出して、口の中や喉の粘膜を傷つけウイルスがくっつきやすくなることも分かってきました。 たかが歯ブラシと言わず、命を守る大切な仕事だと思って毎日ていねいに磨いてください。

専門医による「歯周病相談室」

  • TOP
  • 「齢」を感じさせないパワーの源は?
  • 未来の歯周病治療
  • 歯科医院の選び方は?
  • 口臭が気になります。
  • タバコと歯周病の関係は?
  • 高齢者が気をつけなくてはならないことは?
  • 歯周病の原因は?
  • 正しいブラッシングとは?
  • 歯周病になぜなるの?
  • 歯周病と糖尿病の関係は?
  • 歯周病と血液の関係は?
  • 歯周病はどんな病気?