専門医による「歯周病相談室」

Q.正しいブラッシングとは? A.マッサージするように弱い力で細かく動かすことがポイントです。

日本人の実に96%以上の人が少なくとも1日に1回は歯ブラシをしています。 しかしながら正しいブラッシングができている人はごくわずかなので、歯周病になってしまうという話を前回しました。 今回は正しいブラッシングと誤ったブラッシングの話です。


ブラッシングの目的は歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くことですから、プラークがどのような場所にあるかを知る必要があります。 プラークは主に歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目についています。鏡を見ながら、歯ブラシの毛先が歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に入っているのを確認し、歯ブラシを細かく振動させるように磨くのです。 このマッサージするように弱い力で細かく動かすというのが大切なポイントですが、多くの人が力を入れてブラシを大きく動かしてしまうため、毛先がプラークのついているすき間や境目に届かなくなってしまうのです。このような誤ったブラッシングでは、どんなに時間をかけてもプラークが落ちないばかりでなく、歯や歯ぐきを傷める原因にもなります。硬い歯ブラシを使って乱暴に磨いていると、歯ぐきが傷ついて次第に下がってきたり、歯が磨り減ったりで歯の寿命はさらに短くなってしまいます。 歯と歯の間をきれいにするためには、歯間ブラシやデンタルフロスも必要です。歯ブラシよりも使い方は難しいので、こちらも歯科医院で併せて指導してもらってください。 ていねいな正しいブラッシングをしていれば歯は長持ちします。

専門医による「歯周病相談室」

  • TOP
  • 「齢」を感じさせないパワーの源は?
  • 未来の歯周病治療
  • 歯科医院の選び方は?
  • 口臭が気になります。
  • タバコと歯周病の関係は?
  • 高齢者が気をつけなくてはならないことは?
  • 歯周病の原因は?
  • 正しいブラッシングとは?
  • 歯周病になぜなるの?
  • 歯周病と糖尿病の関係は?
  • 歯周病と血液の関係は?
  • 歯周病はどんな病気?