専門医による「歯周病相談室」

Q.歯周病になぜなるの?A.正しいブラッシングができていないからです。

歯周病は、成人の約8割がかかっている病気ですが、その原因や対処法を正しくご存知の方は少ないようです。 多くの方が歳をとったから仕方ない、歯周病になったら歯を抜いて入れ歯しかないと思われている方が多いようです。しかしながら、歯周病は予防が可能な病気です。


歯周病は、歯周病原菌と呼ばれる口の中の悪玉菌が増えることによって、歯を支えている歯ぐきや骨が溶けてしまう病気です。 健康な口の中にも悪玉菌はいますが、数は少なく、悪さをするほどではありません。しかし、口の中が不潔になってくると悪玉菌が増えてきて、歯周病を引き起こします。 多くの方が1日2回あるいは3回歯ブラシをしています。しかし、正しくブラッシングができている人はごくわずかです。歯周病は老化ではなく、正しいブラッシングができていないという生活習慣が引き起こす病気なのです。 正しいブラッシングができていれば、いつまでも自分の歯でおいしく食べることが可能です。正しい歯ブラシの仕方は自己流ではなく、歯科医院で専門家に指導してもらってください。 歯ブラシの指導を熱心に行っているかどうかは、良い歯科医院を見つける一つの目安にもなります。歯周病を悪化させる原因は他にもいくつかあるのですが、特に喫煙は、歯ぐきの抵抗力を弱め、悪玉菌が増えることを助けてしまいます。 禁煙することは正しいブラッシングとともに歯周病の予防にとても大切です。

専門医による「歯周病相談室」

  • TOP
  • 「齢」を感じさせないパワーの源は?
  • 未来の歯周病治療
  • 歯科医院の選び方は?
  • 口臭が気になります。
  • タバコと歯周病の関係は?
  • 高齢者が気をつけなくてはならないことは?
  • 歯周病の原因は?
  • 正しいブラッシングとは?
  • 歯周病になぜなるの?
  • 歯周病と糖尿病の関係は?
  • 歯周病と血液の関係は?
  • 歯周病はどんな病気?